■ 鮎情報 ■


※令和6年1月1日より遊漁証料金及び竿釣り専用区の区域、期間が変わりました。


竿釣り専用区 地図はこちら

遊漁規則(全文)はこちら

※アユの遊漁期間は 6月1日〜9月25日までです。

※アユ採捕禁止期間 9月26日〜翌年5月31日 資源保護のためご協力をお願いします。

川マップはこちら

鮎放流場所はこちら 令和6年度鮎放流場所

鮎放流マップはこちらGoogle マップへ


アユ釣り6月1日解禁



 駐車について・・・三徳川下流域の河川敷への車両の乗り入れは賀茂橋下までです。ご注意ください。 地図はこちら三徳川(賀茂橋)





■ 河川状況 R6.6.19

天神川本流は平水より少ない。三徳川は渇水です。日曜の雨で若干水が増えましたが、アユが動くほどではありませんでした。



天神川 河戸橋





天神川 湯谷橋



三徳川 賀茂橋



三徳川出合


(2024.6.19)




■ 釣果情報 R6.6.16

天神川、三徳川の水位は共に低くなり、水温も上昇しています。
天気予報では週末から雨マークが付きだしました。期待したいです。




天神川 湯谷橋
9〜14時
友釣り50尾 15〜20p

(2024.6.17)




■ 釣果情報 R6.6.12

天神川の水位は平水です。魚影濃く釣りやすい状況です。




天神川 河戸橋
朝〜17時半
友釣り41尾 最大18p

(2024.6.13)




■ 釣果情報 R6.6.11

本日気温30度 三徳川は水位も低く厳しい状況ですが釣れます。





三徳川 大瀬
9時〜12時
友釣り30尾 16〜18p




(2024.6.11)




■ 河川状況 R6.6.11

あちらこちらでアユはたくさん見えます。小ぶりですがポツポツ釣れてます。



天神川 河戸橋





三徳川 賀茂橋





三徳川 ローソン裏手





三徳川 横手橋




三徳川 横手





三徳川 新三朝橋


(2024.6.11)




■ 釣果情報 R6.6.4

解禁時より水位、気温も低かったが三徳川は他の河川より水温が高めです。昨夜の雨の影響かわかりませんが活性もよく好釣果でした。



三徳川 横手橋周辺 水温20℃
10時〜15時
16〜23p 友釣り42匹

(2024.6.4)




■ アユ釣り解禁 R6.6.1

待望のアユ釣りが解禁しました。
今年も天然遡上が良好ですが15p前後が目立ちます。雨が降り大きくなればさらに良くなるでしょう。







三徳川 30尾 友釣り12p〜18p


(2024.6.3)




■ 遡上の様子 R6.5.23、29






(2024.5.31)




■ 解禁前試し釣り R6.5.29

26日、29日の二日間、アユの生育調査として天神川:小田橋〜湯谷えん堤付近、三徳川:横手橋付近、小鴨川:長坂〜大鴨橋付近で試し釣りを行いました。昨年は解禁前から好調でしたが今年は全体的に小ぶりです。小田橋、横手橋、反土橋 魚影は濃いです。雨が降り水量、水温が高くなればもっと良くなると期待しています。





組合員3名



小田橋 10時〜12時 友釣り16尾 



大きくて17p 平均12p前後

放流箇所はこちら 令和6年度鮎放流場所




(2024.5.30)




■ 第3回稚アユ放流 R6.5.11

アユ釣り解禁まであと15日余りとなりました。今年も天然遡上が多く十分に楽しんでいただけると思います。


5月11日 アユの稚魚(日野川産)1万尾を小鴨川に2ヶ所放流しました。


大鴨橋上流 水温13℃




元気よく遡上していきました。



市役所関金支所より下流





放流箇所はこちら 令和6年度鮎放流場所


(2024.5.13)




■ 天然稚アユの遡上 R6.5.3

4月5日にやっと遡上の群れを確認し、5月の連休は多くのアユが堰堤を越えていました。昨年より遅い遡上開始でしたが、数は多く今年も期待できそうです。
動画はこちら遡上アユの様子


アユ釣りは6月1日解禁


(2024.5.8)




■ 第2回稚アユ放流 R6.4.23

4月23日 アユの稚魚(高梁川産)3万尾を放流しました。


湯谷橋下流


元気よく群れを成して遡上していきました。





赤松橋


放流箇所はこちら 令和6年度鮎放流場所
次回の放流は5月上旬(日野川産)です。


(2024.4.24)




■ 天然稚アユの遡上 R6.4.19

4月19日(金)晴れ 気温22.3℃、水温16.4℃魚道の流れも緩やかになり一斉にジャンプ越えを始めました。





天神の森

(2024.4.22)




■ 第1回稚アユ放流 R6.4.16

4月16日 アユの稚魚(天神川産)16万尾を放流しました。





放流箇所はこちら 令和6年度鮎放流場所
次回の放流は4月23日(高梁川産)です。


(2024.4.19)




■ 天然稚アユの遡上 R6.4.5

4月5日 午後2時頃、鳥取県栽培漁業センターによる鮎の遡上調査で、昨年より5日遅い稚アユの遡上を確認されました。まだ、魚道を上る様子は見られませんが、これから群れとなって遡上してくると予想されます。



天神の森


水温14度



(2024.4.5)




■ 河川環境改善 R6.3.7

鳥取県栽培漁業センターによるアユ漁場改善対策の一環で、3/4〜7の4日間、河戸橋下流に瀬と淵の形成を促すよう巨石を設置する作業が行われました。



砂が堆積し生息状況が悪化(河戸橋下流)


黒丸部分に巨石を設置


重機を用いて巨石を横断列状に配置


水深や流速を測定しながらの作業です



アユの生息に不可欠な瀬淵構造が連続し、良好なアユ漁場となるよう次年度も取り組まれます。


(2024.3.12)




■ 親アユ、発眼卵放流 R5.10.27

鳥取県栽培漁業センターによるアユ天然資源緊急回復試験の一環で、今年も親アユを1,000尾放流。午後は天神の森堰堤に、発眼卵300万粒を放流されました。


【アユ親魚】



テグス設置箇所に放流


たくさん産んでね


【アユ発眼卵】

シュロに卵をつけて


カゴごと沈めます

(2023.10.27)




■ テグス張り R5.10.5

9/26より禁漁期に入り、川底を重機によって障害となる砂泥を取り除き、産卵しやすい状態にしました。
また、カワウやサギ等による被害対策としてテグスも設置しました。







天神川 小田橋付近

(2023.10.10)




(C) 天神川漁業協同組合 All rights reserved.