有害鳥獣(カワウ)による捕食被害は深刻なものです。
被害にあっているポイントのアユは、人間がそっと近づいただけでイワナやヤマメのように身を隠します。

組合では、ロケット花火による追払いや銃器を用いた駆除を行い、漁業被害の軽減に努めています 。



■ カワウ駆除 ■


捕獲は猟友会へ委託

民家が近接する下流域では、空気銃による捕獲を行っています。
空気銃の利点は音が静かなこと。一回空気を充填すると数十発撃つことができるすぐれものです。

 

■ 胃内容物調査 ■

食害がカワウによってもたらされたものであるか否か、被害の大きさはどれほどかといった食害問題の状況把握として、鳥取県栽培漁業センターにより胃内容物調査が行われています。



捕獲後、胃袋をホルマリン漬けにします。


胃内から落ちアユ出現。
消化の進みは早いので、これ以上の捕食があったと考えます。

[画像提供] 鳥取県栽培漁業センター 
 


(C) 天神川漁業協同組合 All rights reserved.