■ 渓流釣り情報 ■



2、4月ヤマメの成魚放流、夏頃にはイワナ、ヤマメの稚魚放流、秋には産卵場造成を行っています。


■ R1年度 人工産卵場造成


河川工事などにより土砂が川底の礫を覆い、天然のイワナやヤマメの産卵場所が少なくなっています。渓流魚の自然繁殖を助けることを目的に、今年も「天神川の魚を守る会」の皆様と産卵場を造りました。
10/27,11/4の二日間、延べ20名で行いました。


産卵場
こぶし大の石を5〜10cmの厚さに敷き詰めた後、親指大の小石を敷きつめます。

産卵場

皆さまお疲れ様でした。(画像10/27)


(C) 天神川漁業協同組合 All rights reserved.